チャンピックスで禁煙したい

飯田橋の院敷地内でも禁煙となっている現状

タバコの煙にはタールや一酸化炭素などの身体に悪影響を及ぼす有害な物質が、数百種類も含んでいることが広く知られています。吸っている本人だけではなく周囲にも影響するということで、喫煙者に対する視線は年々厳しさを増しています。公共の場でタバコを吸えるエリアはどんどん減少しており、クリニックの院敷地内では禁煙が当然という状況となっています。

これは、日本全国共通している現象であり、飯田橋も例外ではありません。又、タバコの有害性は科学的な分析による根拠に基づいたものであり、喫煙者に対する厳しい視線は今後も継続すると考えられています。この為に、喫煙者は肩身の狭い思いをする事になるので、工夫することが必要となります。

喫煙者が白い目で見られない様にする最も効果的なのは、タバコを止めるという方法です。又、現在ではチャンピックスという内服薬が開発されており、かなりスムーズに禁煙に成功することが可能となっています。これは、飯田橋の禁煙外来を行っている医療機関でも購入することができます。

タバコを止めるのが難しいのは、ニコチンという物質の作用によるものです。脳内のレセプターと結合することにより、ドーパミンという快楽物質を分泌します。この物質が分泌されることによりリラックスできるのですが、そうでない場合との差が生じることになり、ニコチンから離れることが出来なくなってしまいます。

チャンピックスは、ニコチンの代わりにレセプターに結びつくという内容の治療薬です。これにより、タバコを吸っても美味いと感じることがなくなります。又、少量のドーパミンが分泌されるので、禁断症状に見舞われることもありません。つまり、チャンピックスを服用していれば、院敷地内禁煙という場所でも苦しまないということです。飯田橋のクリニックの院敷地内でも同様であり、自然に禁煙に成功することが可能です。