チャンピックスで禁煙したい

チャンピックスと言う禁煙補助薬とセロトニンについて

禁煙をスタートすると発症すると言われているのが禁煙鬱です。
禁煙鬱はニコチンにより生じるものと言われているのですが、必ずしもニコチンが原因とは限らないと言います。
禁煙外来は、このような症状が起きた時など、適切な処置が行える目的で診療科が設けられているとも言われており、禁煙外来での治療を受ける中で気になる症状が起きた時には専門医に相談をする事が大切なのです。

所で、禁煙外来では禁煙補助薬としてチャンピックスと呼ばれる医薬品が処方されますが、チャンピックスを服用する事で微量のドーパミンが放出され、ニコチンの依存度を引き下げる効果を持つと言います。

喫煙をしている人はドーパミンやセロトニンといった脳内神経伝達物質濃度が高いと言われており、禁煙を開始する事でドーパミンやセロトニンなどの神経伝達物質がニコチンを要求するため、人によってはそのままでは禁煙が難しくなり、中には禁煙鬱と言った症状が起きてしまう事が在ると言われているのです。

尚、禁煙の補助薬と言うのはチャンピックス以外にも色々な種類が有りますし、ドラッグストアで購入出来るものもあります。

所で、神経伝達物質のセロトニンと言うのは、三大神経伝達物質の一つとして存在しているもので、別名「幸せホルモン」とも言われているもので、ノルアドレナリンおよびドーパミンの暴走を抑制させて、心のバランスを正しくする作用を持ち、セロトニンが不足する事で、精神バランスが乱れてしまい、暴力的な行為を行ったり、鬱の症状を発症させるといわれているのです。

尚、チャンピックスはドーパミンを微量に放出させる禁煙の補助薬であり、12週間と言う定められた期間服用を続けることで、チャンピックスを服用しなくてもニコチン依存を克服させることが出来ると言われているのです。