チャンピックスで禁煙したい

チャンピックス1mg服用中の喫煙について

チャンピックスは禁煙外来で禁煙の治療を受ける時に専門医から処方される医薬品で、12週間服用をする事で禁煙の成功率が高くなると言われているのです。

薬を飲むだけで禁煙が出来ると言う事からも、自分の力だけでは禁煙が出来ない人などが利用している医薬品であり、禁煙外来に通院する事で処方を受けて服用が可能になっています。
チャンピックスは禁煙補助剤と呼ばれる医薬品に分類されているものであり、禁煙補助剤はドラッグストアなどで購入出来る医薬品も有ります。

チャンピックスは他の禁煙補助剤と異なり、服用開始から7日目までは禁煙をしても良いと言う特徴が在ります。
一般的な禁煙補助剤は、利用開始と伴に禁煙を開始する事になるのですが、どうしても煙草を吸いたくなった時は最初の1週間(7日間)については喫煙が許されるのです。

尚、チャンピックスは最初の3日間は1日1回0.5mg錠の錠剤を1つ服用をし、4日目から7日目までは1日2回、0.5mg錠の錠剤を服用し、8日目以降は1日2回、1mg錠を服用すると言った具合に、徐々にチャンピックスの量を増やしていくと言う特徴が在ります。

徐々に医薬品の量を増やす事で喫煙に対する欲求を低減させていき、12週間後には喫煙をしなくても良いと言う状態に導いてくれるのです。

尚、チャンピックスは1mg錠の服用を開始となる8日以降は禁煙を開始する事になりますので、1mg錠の錠剤を服用した時は喫煙を行う事は出来ません。
また、1mg錠の薬を服用する段階と言うのは、ニコチン依存度が低下しているため、喫煙をしなくても良い段階になっていると言われており、この段階で喫煙をせずに我慢する事が禁煙の成功率を高めるコツとも言われているのです。

禁煙ならチャンピックスが一番できる>